11725円 アメリカ軍 モールスキンファーティングジャケット レプリカ ブラック L スポーツ・アウトドア アウトドア ウェア レインウェア その他 アメリカ軍 モールスキンファーティングジャケット レプリカ 安値 L ブラック アメリカ軍 モールスキンファーティングジャケット レプリカ 安値 L ブラック puchisokudoku.com,スポーツ・アウトドア , アウトドア , ウェア , レインウェア , その他,アメリカ軍,/finjan1995136.html,モールスキンファーティングジャケット,L,11725円,ブラック,レプリカ 11725円 アメリカ軍 モールスキンファーティングジャケット レプリカ ブラック L スポーツ・アウトドア アウトドア ウェア レインウェア その他 puchisokudoku.com,スポーツ・アウトドア , アウトドア , ウェア , レインウェア , その他,アメリカ軍,/finjan1995136.html,モールスキンファーティングジャケット,L,11725円,ブラック,レプリカ

アメリカ軍 モールスキンファーティングジャケット レプリカ 日本製 安値 L ブラック

アメリカ軍 モールスキンファーティングジャケット レプリカ ブラック L

11725円

アメリカ軍 モールスキンファーティングジャケット レプリカ ブラック L








■サイズ・色違い・関連商品

■M
■L[当ページ]
■XL


■商品内容

アメリカ軍のファーティングジャケットをモールスキン素材で復元しました。丈夫なことでモールスキン(モグラの皮)とあだ名されました。多少起毛されモグラの毛皮のような感触で、独特の光沢と程良く厚みのある綿素材です。
起毛しながら織りあげる事によって空気層ができ、表も裏も滑らかで温かみのある生地に仕上がります。さらに産毛のような毛羽に多くの空気を取り込むことができるため、保温性にも優れています。丈夫な綿素材と言えば、キャンバスやデニムがよく使用されていますが、実は最も丈夫なのが、このモールスキンです。 モールスキンに用いられている綿糸はキャンバスやデニムよりは太くありませんが、密度をとても高くしながら織り上げているので強度があり、ジャケットやパンツなどの洋服以外にも、作業着や手袋にも用いられている用途の広い素材です。
フロントに蓋つきのカーゴポケットを4個有し、上部の胸ポケットは斜めのデザインなど忠実に再現しました。
前立てはボタン式で、被せがついていますので、風の巻き込みを防ぎます。


■商品スペック

○商品名:アメリカ軍 モールスキンファーティングジャケットレプリカ
○品番:JJ287YN
○カラー:ブラック
○材質:綿100%
○サイズ:
(Mサイズ)
身幅/約50cm 肩幅/約42cm 着丈/約75cm 袖丈/約57cm
(Lサイズ)
身幅/約55cm 肩幅/約44cm 着丈/約77cm 袖丈/約58cm
(XLサイズ)
身幅/約60cm 肩幅/約46cm 着丈/約80cm 袖丈/約62cm

※適応サイズではございません。目安となる実寸サイズとなります。

○生産国:中国
○スペック:
前立て/ボタン4個 ポケット×4個 袖口調整ボタン

○特記事項:
サイズ違いによる返品・交換はお受け出来ません。予めご了承下さい。



■送料・配送についての注意事項

●本商品の出荷目安は【1 - 8営業日 ※土日・祝除く】となります。

●お取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。

●本商品は同梱区分【TS1957】です。同梱区分が【TS1957】と記載されていない他商品と同時に購入された場合、梱包や配送が分かれます。

●本商品は仕入元より配送となるため、沖縄・離島への配送はできません。

アメリカ軍 モールスキンファーティングジャケット レプリカ ブラック L

エディターズチョイス

弾道ミサイル「スティレット」:特性と写真

NATO分類を通過したStilettoミサイル(SS-19 Stiletto)、または我が国でマークされているRS-18クラスUR-100N UTTHは、依然として最も先進的な大陸間弾道ミサイル(ICBM)の1つです。世界です。 そして、これは彼女が40年以上前に戦略的ミサイル軍でサービスに入ったという事実にもかかわらずです... Chelomeyのコンセプト 1969年の初秋に、V. N. Chelomeyが率いる中央機械建築設計局と、V. N. Bugayskyが率いるTsKBMの支店1号が、対地クラスのRS-18大陸間弾道ミサイルの開発を始めました。 。 プロジェクトに着手して、V.N. Chelomeyは信頼性があり効果的なミサイルシステムの創設に基づいたコンセプトに従うことを試みました。 そのようなアプローチは配備されたミサイルの総数を増加させるでしょう

興味深い記事

オゾン発生器:利点と機能

推奨されます

人気の投稿